中杉天音さんがTheモーツァルトで出場権を獲得した「夜に駆ける」どんな歌?小説は?

中杉天音さんが関ジャニ∞のTheモーツァルト出場権を獲得したときに、5万回以上の再生数で見事に1位をとった曲!

話題の鬼滅の刃でも有名な、小説を音楽にするユニット・YOASOBIが手掛ける話題の楽曲「夜に駆ける」とはどんな歌詞!

今回は中杉天音さんが歌った「夜に駆ける」について記事にしていきたいと思います。

中杉天音さんの記事については中杉天音!歌うま高校生、涙と感動

中杉天音さんが歌ったYOASOBIの「夜に駆ける」とは!

2019年12月にリリースされた音楽ユニット「YOASOBI」のファーストシングル「夜に駆ける」が、2020年6月になって「Billboard JAPAN 総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”」で3週連続の総合首位を獲得!

小説を楽曲「夜に駆ける」とは!

「夜に駆ける」の歌の原作小説「タナトスの誘惑」という小説で話題を読んでいます。

作者は「星野舞夜(ほしのまよ)さんで、なんと現役の大学生。

「タナトスの誘惑」はややダークなストーリー担っています、作者本人も「ちょと残酷なやつが好き」と語られています。

タナトスとはあまり聞き慣れないですが、「死」にまつわる意味を持つ単語、つまり「タナトスの誘惑」を置き換えると、「死への誘惑」と怖いイメージがありますね!

中杉天音さんが歌った夜に駆けるの小説「タナトスの誘惑」あらすじ!

物語の主人公はとある男性、彼女から「さよなら」というLINEが送られてくるところから物語がスタートします。

自殺願望がある彼女!主人公の男性は過去に数回同じラインをもらっていて自殺を止めるためにマンションの屋上に向かう、そこには彼女が!

彼女はいつものように「死神が呼んでいる」とはなします。

主人公の男性は死神の存在を否定すると、いつものように彼女は泣き叫ぶ。

主人公の男性も数回の経験に疲れ果て彼女とともに「死を意味する言葉を」

主人公の男性どうなっていくのか。衝撃の結末が!

中杉天音さんが歌った「夜に駆ける」の中に隠されています。

中杉天音さんが歌った夜に駆ける歌詞

夜に駆ける

夜に駆けるの意味、そのままの意味「夜を疾走」する!

小説と重ね合わせると、二人で飛び降りていくさまを比喩する言葉として使われています。

衝撃的なラストシーンに辿り着くまでの様子が実際歌詞は?

中杉天音さんが歌った夜に駆ける歌詞

沈むように溶けてゆくように、二人だけの空が広がる夜

「さよなら」だけだった、その一言で全てが分かった

日が沈み込む出した空と君の姿、フェンス越しに重なっていた

初めて会った日から、僕の心の全てを奪った

どこか儚い空気を纏う君は、寂しい目をしてたんだ

いつだってチックタックと、鳴る世界で何度だってさ

触れる心無い言葉うるさい声に、涙が零れそうでも

ありきたりな喜びきっと二人なら見つけられる

騒がしい日々に笑えない君に、思いつく限り眩しい明日を

明けない夜に落ちてゆく前に、僕の手を掴んでほら

忘れてしまいたくて閉じ込めた日々も、抱きしめた温もりで溶かすから

怖くないよいつか日が昇るまで、二人でいよう

君にしか見えない、何かを見つめる君が嫌いだ

見惚れているかのような恋をするような、そんな顔が嫌いだ

信じていたいけど信じれないこと、そんなのどうしたってきっと

これからだっていくつもあって、そのたんび怒って泣いていくの

それでもきっといつかはきっと僕らはきっと、分かりあえるさ信じてるよ

もう嫌だって疲れたんだって、がむしゃらに差し伸べた僕の手を振り払う君

もう嫌だって疲れたよなんて、本当は僕も言いたいんだ

ほらまたチックタックと、鳴る世界で何度だってさ

君の為に用意した言葉どれも届かない

「終わりにしたい」だなんてさ、釣られて言葉にした時

君は初めて笑った

騒がしい日々に笑えなくなっていた、僕の目に映る君は綺麗だ

明けない夜に溢れた涙も、君の笑顔に溶けていく

変わらない日々に泣いていた僕を

君は優しく終わりへと誘う、沈むように溶けていくように

しみついた霧が晴れる、忘れてしまいたくて閉じ込めた日々に

差し伸べてくれた君の手を取る 涼しい風が空を泳ぐように今吹き抜けてく

繋いだ手を離さないでよ、二人今、夜に駆けだしていく

 

作詞作曲:Ayasa

まとめ!

中杉天音さんがTheモーツァルトで出場権を獲得した「夜に駆ける」を歌って出場権を獲得するために、何度も歌詞を歌ったんではないでしょうか。

ダークな部分と悲しいさを感じる歌詞「夜に駆ける」感情が伝わってきますね。中杉天音さんが歌った夜に駆ける。まだ見ていない方は是非見てください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です