Googleアドセンス変更内容!まもなく実施されるAdSenseAPIの変更について口コミ!

2021年4月21日にGoogleはGoogleアドセンスを近代化するための取組の一環で、AdSenseAPIにいくつかの変更を加えるそうです。

現行バージョンのAdSense Management API(バージョン1.4)は2021年10月12日以降応答しなくなります。

10月まではバージョン1.4を引き続き利用できますが、APIの機能を中断することなく使用するために、できるだけ早くバージョン2に切り替えることをグーグルでは推進してます。

参考:AdSense API の変更

変更内容と変更点は?

バージョン4.1

このバージョンの本APIでは、アカントの関連付け、ホストチャンネル管理、サイト運営者の広告ユニット管理、サイト運営社サイドのレポートを完全に対応できる機能が追加されています。

APIとは?

APIとは「Application Programming Interface」の頭文字です。

アプリケーションプログラミングインタフェース(API、英: Application Programming Interface)とは、ソフトウェアコンポーネントが互いにやりとりするのに使用するインタフェースの仕様である。
引用元:Wkipedia

APIを簡単に説明するとソフトウェアの機能を共有できる仕組みになります。

APIのメリット

より多くの新しいサービスと開発できる。

データーを二次利用できる。

サービス利用者の利便性が上がる。

セキュリティの向上

APIには沢山の種類がありますが、作成するプロモーションの種類によって様々なAPIが用意されています。

AdSenseAPIの変更について口コミ!

メリットはあるようですが、現段階で一般的なユーザーや利用者についてはそのままの使用でも大丈夫なようですね。

APIについては、専門的用語で難しいですが普段のユーザーは無視してもいいという口コミが多かったです。

まとめ:Googleアドセンス変更内容!まもなく実施されるAdSenseAPIの変更について口コミ!

一般的なユーザー目線ですと今回のGoogleアドセンス変更内容やまもなく実施されるAdSenseAPIの変更については、いま現時点ではそのまま利用でも大丈夫なようです。

今後更にGoogleから新しい報告があるまで、検討していきたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です