ソイ野菜ハンバーガーの値段や美味しいのか?ダイエットにもいいと口コミの材料は!

皆さん最近日本ではやっている植物バーガーってしっていますか?

大豆タンパクとエンドウ豆タンパクを絶妙に組み合わせ、添加物を使わずに肉そっくりに仕上げたものです。そんな健康にいいハンバーグを使用して作られているハンバーガーがロッテリアで販売されています。その名もソイ野菜ハンバーガーです。

今回は「植物肉(プライベートミート)を使用したロッテリアのソイ野菜ハンバーガーについて調べてレビューしていきたいと思います。

植物バーガーについては【植物肉バーガー(プラントベースミート)】東京で食べれるの?おいしいの?

ロッテリアで販売しているソイ野菜ハンバーガー

ロッテリアでは、ソイ野菜ハンバーガーソイ野菜チーズハンバーガー2020年7月16日から販売されています。健康志向が流行になってきた現代では、日本人に馴染みの深い健康・植物タンパク質「大豆(ソイ)」を使用したソイ野菜ハンバーガーが販売されています。

ソイ野菜ハンバーガーが単品で370円(2020年現在)

ソイ野菜ハンバーガーが単品で390円(2020年現在)

ソイ野菜ハンバーガー美味しいの!

ソイ野菜ハンバーガーのカロリーは?

ソイ野菜ハンバーガーは、ロッテリアオリジナル「ソイパティ」を、カロリー50%カット&ノンコレストロールのマヨドレッシングとケチャップのみで味付けをし、シャキシャキのレタス、スライスオニオン、フレッシュなトマトともにパンズに挟んであります。

気になるカロリーは約260kcalとヘルシーながら食べごたえのあるハンバーガーになっています。またソイ野菜チーズハンバーガーのカロリーは約302kcalとなっており健康志向の方にはおすすめになっています。

例にあげますと、ロッテリアで販売されているハンバーガーのロッテリアクラッシックバーガーのカロリーは約779kcalですのでかなり低めになっていますね。

ソイ野菜ハンバーガーの材料は

ソイ野菜ハンバーガー

お肉の代わりに大豆のパティを使用しており、このソイパティはロッテリア独自の新開発素材で、ふっくら膨らませて粒上に仕上げた大豆が材料で、この加工によってビーフパティのような食感が得られています。

さらに、タマネギやクミン、ナツメグ、ガーリック、パジルなどの香辛料が加えられることで、香り豊かで本格的なパティの味わいを楽しむことが出来ます。

まとめ

今回はロッテリアで発売されているソイ野菜ハンバーガーについて紹介させていただきました。

お肉のかわりに大豆(ソイ)を使用しており、健康的でヘルシーなハンバーガーですね。ダイエット中の方にもうれしいですね。

今後も植物バーガーを使用したおいしい商品が出るかも知れませんね。今後が楽しみです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

【植物肉バーガー(プラントベースミート)】東京で食べれるの?おいしいの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です