【植物肉バーガー(プラントベースミート)】東京で食べれるの?おいしいの?

アメリカでは健康志向が高まりなどを受けています。日本でもベジタリアンやビーガンに興味を持つ人が増えており、「植物肉(プライベートミート)」と枠つけられ代替肉の加工食品を見かけることが珍しくなくなってきています。

そんな「植物肉(プライベートミート)」を使用したハンバーガーが今アメリカでも流行になっていますが、日本でも耳にするようになってきています。

今回は「植物肉(プライベートミート)」を使用した植物肉バーガーについて、どこで食べれるのか、美味しいのかについて調べてレビューしていきたいと思います。

「植物肉(プライベートミート)」食べれるお店

植物肉は、日本ではまだまだ馴染みが少ないですよね?ベジタリアンやヴィーガンに対応したレストランや飲食店自体も、まだ日本では聞くことは少ないですが、日本でも食べれるのでしょうか!日本で食べれるお店について調べてみました。

The Vegetarian Butcher

2020年8月に東京・池袋にオープンしており、ブランドベースとミート(植物由来代替肉)を使用したハンバーガーが楽しめ、15種類以上あるバーガーメニューにトッピングも用意されており、自分好みのオリジナルバーガーを堪能することが出来ます。

基本情報

店名:The Vegetarian Butcher(ベジタリアンブッチャー)

電話番号:03-5904-8791

営業時間:11:00~22:00(Lo、21:30)

定休日:火曜日

アクセス:地下鉄副都心線 池袋駅 徒歩2分・地下鉄有楽町線 池袋駅 徒歩2分

場所

〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-29-9 c3ビルB1

画像

植物バーガー帰る場所は

ロッテリア

ロッテリアの「ソイ野菜ハンバーガー」スパイスとオニオンの強い香りがする上、食感は肉そのものというソイパティ。しかしじっくり味わうと大豆の風味もあります。

ロッテリアで食べるソイ野菜ハンバーガーについてソイ野菜ハンバーガーの値段や美味しいのか?ダイエットにもいいと口コミの材料は!

モスバーガー

モスバーガー「MOS PLANT-BASED GREEN BURGER グリーンバーガー」はほうれんそうのピューレが練り込まれており野菜の甘味を少し感じられます。

ローソン

コンビニエンスストアのローソンで発売されている「DAIZU MEATかつのバーガー」大きくずっしりとした感じで重量感があります。

カツらしい油っぽさはそれほど感じられなく、とろりと口の中に残る甘めのソースとキャベツのシャキッとした食感が忘れられなくなります。マスタードソースのピリッとした辛味があり全体的にしまった感じが味わえます。

 

山崎パン

山崎製パンの「ソイミート&トマトソース」は、さわやかに口に広がるトマトソースが印象的で、味付けももそれほど強くないので手軽に食べることが出来ます。

植物肉バーガー(プラントベースミート)美味しいの?

日本でも、健康志向の方が増えており、ベジタリアンやビーガンに興味を持つ人が増えてますね。

健康改善や環境保全、動物愛護など、様々な動機から「一生野菜しか食べない」と決意する菜食主義者ですが、お肉美味しさを忘れない人も多いのは事実です。

実際に皆さんの口コミはどのような感じなのでしょうか?

まとめ

最近、話題になってきている植物バーガー(プラントベースミート)でしたが、健康食材としても日本で流行になるのではないでしょうか。

今後は日本でも食べれるお店が増えてくることが予想されますね。最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です