バカリュウ?どんな料理?ポルトガル料理美味しいの?専門店は?口コミは?

バカリュウ皆さん知っていますか?こちらのバカリュウとは塩漬けにした干しタラのことで、保存期間も長いことから昔は航海にも持っていったという食材になります。

かちらのバカリュウを使用して作る料理はポルトガルでは欠かすことが出来ないバカリュウ料理となっています。こちらのバカリュウ料理は、ぶらり途中下車の旅でも紹介され、バカリュウ?ポルトガル料理の専門店で紹介されています。

今回はそんな、パカリュウについて美味しいのか美味しくないのか?どこで食べれるのかなど、みんなの口コミについてレビューしていきたいと思います。気になる方は読んでください。

バカリュウとは?バカリュウを使った料理は?

最初にもお話した通りパカリュウとは、塩漬けにした干したダラのことを言います。

ポルトガルのスーパーではどこでもパカリュウが積み上げられた状態で売っています。匂いが少し独特でお店によってはパカリュウの匂いでいっぱいなところもあります。

ポルトガルの人は子供から大人まで食べる食材です。もう少し詳しくお話しますね!

バカリュウとは?

そのままの状態や、切り身やほぐした状態でも売られています。調理前には必ず水で洗うことが必要ですね。

冷凍保存された状態でも販売されており、こちらの場合には塩抜きされた状態で販売されています。

ポルトガルは大西洋に面した国ということもあり魚介を食べる文化が盛んで、鱈の消費量は世界一でとにかく干し鱈が好きということです。

ポルトガルの人々はバカリュウが国民食になっており365日食べることができることができる食材になっています。

豆知識として:干し鱈は、アミノ酸が豊富で美肌食材として女性に大人気!

バカリュウを使った料理は?

ポルトガルのパカリュウは、日本でみる干し鱈とは少し違い、身も肉厚で日本で見かける切り身の2倍はあり、干物のように柔らかなイメージはなく塩まみれで真っ白な状態です。

バカリュウ・ア・ブラシュ

バカリュウ・ア・ゴメシュ・デ・サ

バカリュウ・コン・ナタシュ

パシュテイシュ・デ・バカリュウ

バカリュウは美味しいのどんな味?

こちらについては料理方法によって変わってきますが、基本は日本でも食することがある干し鱈です。ポルトガル料理は基本的に日本人が好む味ともされています。

日本で食べるのバカリュウ食べれる店は?口コミは?

見ていたら凄く食べたくなって来ませんか?そんなポルトガルの定番料理、日本でも食べれるのか!専門店はあるのか口コミは?

マル・デ・クリスチアノ

店舗情報

電話予約:03-6804-7923

定休日:月曜日

営業時間:18:00~26:00、日曜・祝日:24:00閉店*10月1日より営業時間変更

住所:東京都渋谷区渋谷富ヶ谷1-3-12サンシティ富ヶ谷

Por Ta Vinho IZARRA

店舗情報

予約・問い合わせ:055-5597-2041

住所:兵庫県神戸市中央区中山手通1-2-3クレイエールビル

営業時間:平日 17:00~22:00

定休日:土曜、日曜日:12:00~14:00Lo、17:00~22:00Lo

ヴィラモウラ銀座本店

店舗情報

予約・問い合わせ:050-5595-6092

住所:東京都中央区銀座6-2-3銀座アネックス

営業時間:月~金曜日:11:30~15:00(Lo、14:00)17:00~22:00(Lo、21:00)土・日・祝日11:30~22:00(Lo、21:00)

まとめ

今回はポルトガル料理の定番!バカリュウについて書きました。とても美味しく日本人の口にあうことか慕われること間違いなしですね!料理屋さんで食べるのもいいですが、ご自分で調理して食べるのもいいかもしれませんね。

調理方法は今は便利クックパッドみれば調理方法がでてきます。また本場のバカリュウは日本では手に入りづらいですが、今は便利な時代インタネットで購入できます。是非皆さんも挑戦してみてください。最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です