アナウンサーになるには?出ておいたほうがいい大学や資格は?

アナウンサーの職業は、ランキングでも常に上位の職業で色んな人が目指しているのではないでしょうか。

そんなアナウンサーになるには、かなりの狭き門を突破しなければいけません。就職難もかなり高くアナウンサーの試験に合格するためにもしっかりとした対策が必要になってきます。

今回はそんなアナウンサーになるにはどうすればいいのか?大学や資格はとっておくべきなのかについて調べてまとめてみました。

アナウンサーになるには?

アナウンサーになるには大学や短大・専門学校を卒業してテレビ局やラジオ局の採用試験を受験して合格するのが一般的になります。

キー局などのメジャーな放送局に就職するには、高校卒業後4年生大学に進むことが望ましいです。

ほとんどのキー局は、4年生大学卒が必死という条件があり、大学在学中にアナウンスの技術や学科を学び基礎的な実力を付ける必要があります。

テレビ局やラジオ局への入社はかなり狭き門であることを認識して挑戦することが望ましいでしょう。

大手のキー局であれば、毎年2~4名の採用枠に4000~5000名の応募があるのが実態のようでアナウンサーとして採用される人材は「やりやいと思う人より、やらせたいと思う人」で、もちろんやる気も必要でしょうが実力がもとまれているようですね。

アナウンサーになるのに出ておいたほうがいい大学は?

結論からお話するとアナウンサーの採用試験では、出身大学はあまり充実しているようでされません。

皆さんは普段テレビで見るアナンサーの出身大学はきになりますか?気になるといった方もいると思いますが、アナウンサー自身のことが気になって調べる程度で、このアナウンサーが〇〇大学出身だから嫌だとか嫌いというかとは少ないと思います。

出身大学はアナウンサーにとってあまり重要ではありません、なかには例外もありアナウンサーからバラエティー番組などのクイズ番組に出演することになった場合には出身大学についてみられるかもしれません。

バラエティー番組に出るようになるくらいだと、アナウンサーではなく芸能人としての素質も必要になってきますね。

今回は報道や司会進行の裏方であるアナウンサーになるためについてですので、それほど出身大学は重要ではないのではないでしょうか。

学力があるかないかは、筆記試験でわかります。早稲田や慶応など有名大学出身でも筆記試験の点数がわるければ不合格になってしまいますね。

大学選びで1番重要なことは、あなたが4年間かけて学びたい大学を選ぶことが最も大事なことではありませんか。

途中でこの大学は嫌だから辞めてしまおうとか行かなくなるといったことになると元も子もなくなります。最後まで楽しく学べて自分が選んだことが誇りになる大学を選んでください。

アナウンサーはメデルの仕事でも芸能人でもありませんので、整形などの必要もないでしょう。

しかし、テレビに映る以上は身だしなみや歯の矯正は必要になってくるでしょう。

歯並びが悪いと発生や発音に影響してくる場合があります。

テレビに出ているアナウンサーのなかで、極端に歯並びが悪いアナウンサー見たことがありますか。あまり見かけないですよね。もし歯並びが悪くてアナウンサーを目指しているなら矯正することをおすすめします。

アナンサーにとって清潔なイメージはとても大切になってきます。

話がそれてしまいましたが、結論から言って大学についてはそれ程、重要ではなく、4年間通い続けれる大学をおすすめします。

アナウンサーになるのに取っておいたほうがいい資格は?

アナウンサーになるために、特別な資格を目指したいといった方も多いのではないでしょうか。

結論から言って資格や免許が必要ということはありません。先程も書いた通りアナウンサーになるための試験があります。それに合格しなければ、いくら免許や資格を持っていても意味がなくなってしまいます。

アナウンサーの採用試験は倍率が高いとしても知られてますが、実際に「この資格を持っていれば有利」というものはないと考えておいたほうがよいでしょう。

アナウンサーになれば報道の仕事などに関わる可能性もでてくることから、一般常識はもちろんのこと、社会経済や政治、国際問題についてもある程度身につけておく必要がありますね。

さらに正しい言葉遣いや滑舌をよく話せるように練習することがアナウンサーになるために必要だと言えます。

資格や免許が必要ということはありません。といったのですがそのなかでアナウンサーに関わる資格は持っておけば勉強にもなるし役に立つのではというのを3つお話させていただきます。

アナウンス検定

最初にもお話しましたが、アナウンサーになるために直接関係はありませんが「話し言葉」の技術や経験のためにアナウンサーになった場合に役に立つと思われます。

「アナウンス検定」は民間の資格で、NPO法人である日本話しことば協会が主催している検定で3級、2級、1級があります。

1級合格者は「アナウンサー・司会者・俳優など音声言語の表現力の高さでプロフェッショナルな活動ができ、現役のアナウンサーがこちらの資格を持っている方もいるようです。

持ってなければいけない!といった資格ではありませんが、こちらの資格を撮りるための過程や経験がアナウンサーを目指す方には重宝するのではないでしょうか。

仮にアナウンサーにならなかったとしても、語源力や表現力が身につき様々な職種で活かされるでしょう。

漢字検定

えっ!アナウンサーになるのに漢字検定と思われるかもしれませんが、漢字検定は読みのほうがアナウンサーになるためには重宝する場合もありますね。

アナウンサー試験では、「原稿読み」などの、原稿を読み場合があり難しい漢字をスラスラと読めれば評価も上がるでしょう。逆に漢字を読めなければその都度言葉が詰まってしまい、その後も不安な気持ちで原稿を読まなければいけないといった可能性がでてきますね。

自身でも漢字の勉強はできるのでアナウンサーにおいて必死ということはありませんが、自分の知識や経験がどれくらいなのか調べるためにも漢字検定を受けて実力を把握しておくのもいいのかもしれませんね。

英語検定などの多言語

アナウンサーになるためには、英語や多言語も重宝する可能性があります。

アナウンサーといえばテレビの画面で情報を視聴者にわかり易く伝えるといったイメージがありますが、伝えるためには自分でも取材をしなければいけません。

そんな時に取材相手が外国の方や英語を話してきたらなにを言っているかさっぱりわかりませんね。

また、取材の時に聞いておきたいことや知っておきたい情報を聞き出すことも出来ないです。

英語や多言語を話せたり理解できれば他の方との差別化もでき有利になる可能性があるので余裕のある方は英語検定などの多言語に挑戦してみてはいかがでしょうか。

まとめ:アナウンサーになるには?出ておいたほうがいい大学や資格は?

今回はアナウンサーになるために出ておいたほうがいい大学や資格などについて書きましたが、結論、大学や資格については重要ではなくアナウンサー試験の時にどれだけ必要とされるかを表現するのが大事なようです。

しかし資格については、持っていればなにかと重宝する可能性や自身の実力や経験を図るためにも様々な資格に挑戦すると言ったことも必要でっすね。

アナウンサーになるには、かなりの狭き門となっていますがアナウンサーになれればかなりの収入も目指せるのではないでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です