自衛官の食事は美味しいの?まずいの!メニューは何?【画像】

最近は自衛隊の話題が尽きないですね。派遣要請として現役自衛官・即応予備自衛官・予備自衛官への看護師不足で派遣要請がテレビで注目を浴びています。

そんな、自衛官の食事について気になりませんか?現在即応予備自衛官として勤務している私が実際に食べてきた食事について今回は教えていきます。

今回の記事では自衛隊の食事が美味しいのかまずいのかについて調べてまとめてみました。

結論から先にいいますと、駐屯地や個人によって差がありますので、私が感じていることや口コミから参考にしてみてください。また自衛隊には陸・海・空とありますが、私は陸上自衛隊の食事しか食べてないため陸上自衛隊の食事中心の記事になります。

自衛官の食事は美味しいの?まずいの!

最初にお伝えした通り、駐屯地や個人の好みによって美味しいか美味しくないかはかわってきます。

その前に自衛隊での食事の要領について軽くお話させてもらいたいと思います。

自衛隊では誰しもが食堂で食事をできるわけではなく、営内に居住する隊員(例外もあり)が喫食することができ、食堂にはその日に食べる人数が事前に報告されています。

ほとんどの駐屯地の食堂には、食事する前に各所属部隊の名前が入ったカウンターが有りそれを、ポチッと押して人数を確認していますね。

もちろん1人1人がお金を払っていますが、その場で支払うといった感じではなく、給料から天引きされているようですね。

そんな自衛隊のメニューは専属の栄養士さんがいて、その方が献立や栄養バランスを考えてくれているので、動く部隊が多い駐屯地はそれなりにカロリーが高く、事務的な作業が多い部隊はカロリーが少なくされているようですね。

自衛隊の食事は美味しいの?

自衛隊の食堂には、誕生日献立や金曜日はカレーといった感じで少し豪華なメニューの時があり、その日を楽しみにしている隊員も少なくないのではないでしょうか!

このような決まりごとのメニューについては、駐屯地などによって違う場合もあります。

自衛隊の食事はそこまで豪華ではないかも知れませんが、美味しいメニューの時は美味しいです。

因みに今の自衛隊の食事は、民間の方が専属で作られているようです。私が現職の時には、糧食班と言って各部隊から数名の方が集まり、栄養士さんの献立に合わせて一般の隊員が作っていましたので、味についての差がかなりありましたが、現在は専属の方が作ってくれているので美味しいと思っています。

https://twitter.com/JGSDF__Katsuta/status/1333611975490686976?s=20

配色方法も部隊によって様々な方法がありますが、主食であるメインのものについては、最初から配色されているケースが多く、ご飯やおかず・野菜は各自で自由な量を自分で盛り付けるといった感じになっています。

自衛隊の食事はまずいの!

よく自衛隊の食事は美味しくないと言ったお話を耳にすることが多くないですか?こちらに関しては、最初でお伝えした、作る方によっての違いが原因に1つに挙げられるのではないかと思っています。今では民間の方が調理してくれているので食堂で食べる食事は美味しいです。

しかし、演習に行った際には、各部隊に炊事班といって演習部隊の食事を山の中で、自衛隊の隊員が作る場合があり、こちらに関しては味が様々で美味しいときもあれば、美味しくない時があります。

また。缶飯、今ではパック飯といった感じで非常食のようなものをボイルして温めたものを食べることがあります。

こちらには、美味しいとは言えないものが多く山の中や射撃訓練・演習で部隊に帰ってこれないような時に食べるケースがおおいですね。

このように、食事のありがたみを感じれる。自衛隊の缶飯・パック飯です。しかし量もいっぱいあり、カロリーも高いのでお腹は満足感で一杯になり、食べるものがない時にはこれ程ありがたいものはありません。

しかし家で食べようと思うほど味については美味しくないですし、食べる機会が少ないほうがいいと思います。

種類については詳しくはわかりませんが、何種類もあって北の野菜カレーや肉じゃがといった感じで数種類あるようです。

このような非常食が自衛隊の食事は美味しくないと言ったイメージになっているのかも知れませんね。

自衛隊の食事のメニューは?

自衛隊の食事については、最初でも書いたと通り栄養士さんによってメニューは様々で駐屯地によって違ってきます。

ほとんどの駐屯地の場合は、土・日の朝食はパン・おにぎりといった場合が多いです。昼・夕については、普通に食堂で食べることができますが、平日よりはカロリー控えめな感じがします。

平日の朝食には必ずと言っていいほど納豆や卵がついている場合が多いですね!昼・夕については、昼に肉が出れば、夕には魚といった感じに飽きのこないメニューで工夫されています。

ラーメンや汁物がない場合には味噌汁が必ずついており、栄養バランスがとれている食事と言ってもいいのではないでしょうか。

また、ご当地グルメではないですが、地域によっては、特産の食品を使った料理が出る場合もあります。

自衛隊の食事の画像!

こちらは航空自衛隊のステーキですが、私がいた部隊でも給料日にはステーキが出るといった感じで楽しみにしていた日の1つです。

こちらは、自衛隊で支給されている飯盒です。病気などになって食堂に行けない隊員の代わりに他の隊員が食堂でいれてあげて、病気の隊員に持っていくと感じになっています。

まとめ:自衛官の食事は美味しいの?まずいの!メニューは何?【画像】

自衛官の食事は美味しいのかをまとめますと、駐屯地によって味がかわる事、栄養士が食事の献立を決めているので栄養バランスはできている。

駐屯地によってご当地グルメが食堂ででたり、曜日や誕生日に豪華なメニューが用意されているということがわかりました。

今後は、派遣要請などで民間の方にも食事を披露する期会がでてくるかも知れませんが、作る人によって味が変わるかも知れませんね。

国民の生命と財産を守ってくれている自衛官の人に今後も感謝して応援していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です