正月や大晦日に東北でナメタガレイを食べる理由は?他の地域は!

大晦日や正月にナメタガレイを食べることを楽しみにしているご家庭も多いのではないでしょうか?

子孫繁栄に縁起が良いとされている子持ちのメダルガレイを煮て食べるという習慣がある地域の方も多いと思います。

ナメタガレイは北海道ではババガレイ、南の方ではインドガレイとも呼ばれていて、地域によって違います。

今回は正月にナメタガレイを食べる理由や、地域によっての習慣はどうなのかいついて調べてまとめてみました。

正月や大晦日にナメタガレイを食べる理由は?

正月や大晦日になると、ナメタガレイが食卓に並ぶ光景が毎年のことで不思議に感じていない方も多いと思いますが、深く考える機会がなかったのではないでしょうか!

ナメタガレイを食べる理由

ナメタガレイは縁起が良いとされており、カレイは感じで「家例」といわれることもあり、受け継がれた伝統を守るといった言い伝えがあります。

また冬のカレイは子供(卵)を多く持っていることから子孫繁栄を願う家庭にも好まれており、卵も黄金色に輝いていることから商売繁盛を願う方にも縁起のいい食材とされています。

ナメタガレイを正月や大晦日に食べるという習慣は東北地方に多く伝われており現在でも大晦日や正月に食べるといった習慣があります。

https://twitter.com/inuwashi_shinja/status/1341499330776104960?s=20

ナメタガレイの金額は?

子持ちのナメタガレイは縁起がいいとされていることから、1キロ「万」の値がつくほど高級魚ともされています。


ナメタガレイの旬の季節は?

ナメタガレイの旬の季節は脂がのる秋11月ころから産卵前の子持ちのメスが漁獲できる4月までが旬とされています。

正月や大晦日にナメタガレイを食べる地域は?

正月や大晦日にナメタガレイを食べる習慣が多いのは三陸海岸の岩手県や宮城県で食べられている方が多いです。

そんなナメタガレイですが、食べている地域は東北だけでしょうか?

ナメタガレイは高級魚ともされていることから、購入するためにはインターネットや直接三陸海岸周辺のスーパーに買いに行かないといけません。

北海道、三陸~常磐の太平洋側に多く生息されていることから、正月や大晦日にナメタガレイを食べる習慣が多いのは東北地方になってます。

正月や大晦日にナメタガレイを食べてる人の口コミは?

まとめ:正月や大晦日にナメタガレイを食べる理由は?他の地域は!

ナメタガレイは縁起が良いとされており、受け継がれた伝統子孫繁栄商売繁盛を願う方にも縁起のいい食材とされています。

ナメタガレイを正月や大晦日に食べるという習慣は東北地方に多く伝われており現在でも大晦日や正月に食べるといった習慣があります。

美味しく食べれるナメタガレイを1度食べてみてはいかがでしょうか!最後まで読んでいただきありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です