【Tiktoker】シン(BuzzMagicianShin)!内田伸哉はマジシャン!事務所や収入は?

皆さんはTiktokでマジックをしているマジシャンを見たことがありますか?

マジシャンとしてテレビにも出演していたことがあり、Tiktokでもフォロワー数が440万にいるシン(BuzzMagicianShin)さん!テレビではipadマジックを披露していました。

そんな、シン(BuzzMagicianShin)さんは、マジシャンが本業ではなかったようで、本業はサラリーマンだったそうです。その時は本名、内田伸哉さんとして活動しています。

ちなみにテレビに出演したときもサラリーマンマジシャンと名乗っていましたが、現在もサラリーマンをしているのでしょうか?

今回はTiktokでもよくオススメにでてくる、マジシャンの、シン(BuzzMagicianShin)さんについて現在もサラリーマンなのか?事務所に所属しているのか年収はどのくらいあるのかについて調べてまとめてみました。

【Tiktoker】シン(BuzzMagicianShin)はマジシャン?

Tiktokでのフォロワー数が500万越えのマジシャンで、Tiktok以外にもインスタグラム、Twitter、テレビなど世界中のメディアで活動しているマジシャンでありながらクリエイターのシン(BuzzMagicianShin)さんです。

最新のマジックから心を読むメンタルマジックまで幅広いレパートリーのマジックを披露してくれています。

シン(BuzzMagicianShin)さんの代表作でもあるipad magicは文科庁メディア芸術文部科学大臣奨励賞をはじめ世界の賞を多数受賞しています。こちらはサラリーマン時代に受賞しているのでしょうね。

見ていても飽きがこないマジックで、海外でも話題になっています。

最初にもお伝えしましたが、本業はサラリーマンとして仕事をしながら、平日の夜と休日に副業としてマジシャンの活動をしていました。

「人様からお金を取れるくらいのクオリティにならないと真のエンターテインメントとは言えない」という言葉を聞き、感銘を受けたことがマジシャンとしての人生の始まりだったという。ヤフーは副業を許可しているので、平日の日中はヤフーの社員平日の夜と土日はマジシャンという棲み分けをしている。

シン(BuzzMagicianShin)さんは、大学を卒業した後に2007年に電通に入社し、2012年にヤフーに転職しています。ヤフーのブランドマネジメント室室長も経験していますね。

大手企業から大手企業に転職していることからかなり優秀なのですね。年収もかなりあったのではないでしょうか。

【Tiktoker】シン(BuzzMagicianShin)の事務所は?

シン(BuzzMagicianShin)さんは、スターミュージック エンターテイメントに所属しているようです。

サラリーマンとしてヤフーに勤めていたようですが、その後について詳しい情報はありませんでした。

しかし、スターミュージック エンターテイメントの公式ページで紹介されていたので、スターミュージック エンターテイメントに所属してインフルエンサーとして活動している可能性がたかいです。

ヤフーを退社しているかの情報はありませんが、マジシャンとして海外でも活躍していたことから現在はインフルエンサーとして活動しているのかもしれませんね。

ではスターミュージック エンターテイメントとはどのような場所なのでしょうか?

スターミュージック エンターテイメントには多数のインフルエンサーが所属しており、Tik tokを中心に活躍する様々なジャンルのクリエイターが多数所属しています。所属クリエイターの合計フォロワー数は3000万人を超え、多くのユーザーにリーチが可能です。

Star Creationは業界最大級のTikTokフォロワー3,000万人超を誇るTikTok特化型プロダクションです。
TikTokでの豊富な経験と実績を生かし、TikTokを中心に影響力のあるクリエイター等と共に共感を生むコンテンツの制作、TikTokを活用したマーケティング・プロモーションを実現します。。

その中の1人に、シン(BuzzMagicianShin)さんがいるんですね。他にスターミュージック エンターテイメントに所属しているTiktokerは誰がいるのでしょうか?現在(2021年2月)のTiktokのフォロワー数YouTubeのチャンネル登録者数も一緒に何人か紹介しますね、気になる方は参考にしてみてください。

クリエイター Tiktokフォロワ数 YouTubeチャンネル登録者数
うたじまい 25万人 14,900人
修一郎 150万人 4,180人
内山さん 440万人 8,460人
Buzz Magician Shin シン 630万人 7,200人
まつり 11万人 16,500人
ゆうちゃみ 80万人 96,400人
あれくん✕ 6万8千人 157,000人
ゆうにゃん 31万人 2,860人
聖那|せい 39万人 302,000人

Tiktokでのフォロワー数が630万の、シン(BuzzMagicianShin)さんが凄いですね。こちらは公式マークがついた日本人ではNO1フォロワー数を保持しているそうです。

【Tiktoker】シン(BuzzMagicianShin)の収入は?

収入についての情報はありませんでしたが、フォロワー数が630万ということでかなりの企業からの案件が予想されますね。年収もかなりの額になるのは間違いないでしょう。

ヤフーのブランドマネジメント室室長を現在(2021年)も在籍しているかの情報はありませんでしたが、これだけ多忙な、シン(BuzzMagicianShin)さんですから、マジシャンをやインフルエンサーに集中していることが予想されます。

ここからは憶測になってしまいますが、ヤフーで室長をしていたときも、かなりのお給料を頂いたでしょうが、それ以上に現在の収入のほうがいいのではと予想されますね。

また、シン(BuzzMagicianShin)さんはマジシャン派遣ランドにも登録されていて、キャリア15年近くになり、数多くのディナーショーへの実演もあり、最近では毎年中野サンプラザのディナーショーの専属マジシャンとしても活躍されているそうです。

他にもシン(BuzzMagicianShin)さんは、本名:内田伸哉さんとしての顔ももっており、も出版されています。

Amazonなどでも販売しているので何冊か紹介しておきますね。マジックの本からメンタルに関して幅広い本を出版しています。




こちらの収入が「原稿料」か「印税」での収入かの情報はありませんでしたが、これらの本からの収入もかなりの額になるのでしょうね。

【Tiktoker】シン(BuzzMagicianShin)のプロフィールは?

Tiktoker・マジシャンとして活躍しているシン(BuzzMagicianShin)さんの本名は内田伸哉(うちだしんや)さんです。

慶應義塾大学大学院理工学部を卒業しており、かなり優秀なんですね。芸能人で慶應義塾大学大学院理工学部卒業していると言えば、DaiGo(ダイゴ)さんがいますね。

なんだか、漢字が多すぎて中国語みたい・・・笑!

内田伸哉さんがマジックを始めたのが、18歳の時に大学のサークルで始めたのがきっかけなんだそうです。

最初でも書きましたが、2007年に新卒で株式会社電通に入社し、2012年にはヤフー株式会社に転職。その後ヤフー株式会社ブランドマネジメント室室長として在籍しており、2010年にYouTubeに投稿したipadを使ったマジックが世界中で話題になっています。

最初にipadを使ってテレビに出演したときは電通に所属していたのですね。その時にサラリーマンマジシャンとして注目を浴びたのでしょうね。

2018年11月にはipad proを使ったマジックを披露しています。

そんなヤフー時代の内田伸哉さんは自身ではヤフー社員ともマジシャンとも思っていないとのことで、「世の中に対して”驚きを仕掛ける人で”ありたいと思っています」と言っている通り、ヤフー時代にも様々なプロジェクトに携わっていました。

かなり実力があったのですね。

こちらの「防災広告」は3.11時の津波で最も大きいものがどのくらいの規模だったのかを示したもので、内田伸哉さんが仕掛けたそうです。

その後は海外のマジック公演やテレビ番組に呼ばれたりTEDxに誘われたりと、国際的にも活躍しています。

これだけの活動をしていればどちらが本職なのかわからなくなってしまいますね。凄い行動力と努力家なのでしょうね。

まとめ:【Tiktoker】シン(BuzzMagicianShin)はマジシャン!事務所や収入は?

今回はTiktokerとして話題になっている、シン(BuzzMagicianShin)さんについて調べてみましたが、かなりすごい経歴の持ち主で、本名は内田伸哉さんということがわかりました。ipadのマジックで話題になってからは、サラリーマンマジシャンとして活躍している事がわかりました。

事務所や収入についても、大手企業の電通からヤフーの室長も経験しており、ヤフーを退社しているかはわかりませんでしたが、スターミュージック エンターテイメントという多数のインフルエンサーが所属している事務所に所属していることがわかりました。

Tiktokerとして公式マークがついた日本人としてもNO1のフォロワー数を所有しているシン(BuzzMagicianShin)さんの今後の活動に注目しながら応援していきたいと思います。

最後にもう1度、内田伸哉さんとしての顔とシン(BuzzMagicianShin)の2つの顔を持つマジシャンとしてと会社員として書いた本を紹介しておきますね。気になる方は参考にしてみてくださいね。



Tiktokをやる目的や収益化するためにはどのようなことをやっておいた方がいいのかについてに記事も書いていますので気になる方は参考にしてみてください。

参考:【2021】Tiktokを配信する目的や収益化するまでの道のりは?やっておくべき事!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です