野崎翠シェフとは?どんな料理を作るの?野崎翠シェフが働くスパイスコードについてもレビュー!

「DRAGON CHEF 2021」でサバイバルステージに進出した野崎翠シェフが話題になっていました。

そんな野崎翠シェフは母親の影響もあり小学校2年生の時から料理に目覚ていたそうで、イタリアにも渡り修行を積んだそうです。

今回はそんな野崎翠シェフとはどんな人なのでしょうか?どんな料理を作るのでしょうか?また野崎翠シェフが働くスパイスコードとはどのような場所なのかについても調べてまとめてレビューしたいと思います。

野崎翠シェフとは?

子供のころから母親の料理を手伝うのが好きで、小学2年生の時に将来の夢は「コック」と書いていたそうです。

野崎翠シェフは小学生の頃からすでに目標が決まっていて実際に実現しているのは、その時から強い気持ちで固まっていたのでしょうね。

野崎翠シェフの母親も料理が上手いというのは間違いないですね。

名前:野崎翠シェフ

生年月日:1985年

出身地:埼玉県出身

専門学校:服部栄養専門学校

野崎翠シェフは服部栄養専門学校を卒業後、都内にあるイタリアン料理店で修行しており、その後目黒区にあるB.B.S.dining今はCouche(クーシュ)で3年間働いているそうです。

そんなCouche(クーシュ)について!

店 名 Couche (クーシュ【旧店名】B.B.S. DINING.)
ジャンル ビストロ、フレンチ、ワインバー
交通手段 東京メトロ日比谷線、東急東横中目黒駅徒歩1分
住所 東京都目黒区上目黒1-26-1中目黒アトラスタワー1F

料理は季節で変わり、揃えている飲み物も、ワインのラインナップはもとよりトマトジュースなどにも拘りがあり、蛤エキスのはいったものも味わうことができます。

自家製のパンが魅力的でランチもありコスパは最高のお店だと思います。野崎翠シェフがどこの担当だったかの情報はありませんでしたが、ここで色々なことを学んだのでしょうね。

その後の野崎翠シェフはイタリア・ピエモンテにある「Ristrante Casa Vicina」にて半年間修行し帰国後に中目黒のお店でシェフとして働いていたそうです。

2015年度イタリア料理コンクールで女性として大会史上初めて優勝。日本最大の若手料理人コンペティション「RED-U35」ではシルバーエックを2度獲得しJALの機内食監修なども行う。他TV出演等。都内イタリア料理店数店舗で料理長を経験し2018年8月に渋谷の「モナトリエ」のシェフに就任しています。

モナトリエはイタリアン料理のお店で金額はそれなりにしますが、ボリュームもあり高級感ある料理です。

2019年12月28日にモナトリエを退職しフリーランスとなり、その後スパイスコードの参画として活躍しています。

野崎翠シェフはどんな料理を作るの?

季節の料理や有機栽培の旬の野菜を使った料理などを使ったレシピなど様々なレシピがあり実際に野崎翠シェフが作っている動画もありましたので参考にしてみてください。

野崎翠シェフが働くスパイスコードについてもレビュー!

野崎翠シェフが働くスパイスコードとはどのような会社なのでしょうか?

スパイスコードは、外食産業の生産性向上を実現する「ロカルメオーダー」を提供している企業です。

2021年2月に2億円を超える資金調達も実施し、様々な取り組みが予想され注目されている企業です。

問い合わせや発注まですべてをオンラインのみで完結することが出来るようにオンライン化することで時間のロスをなくすメリットがあります。

またオリジナルソースの開発からケーキまで多種多様な商品をオンラインで製造することができ、小ロットから発注が可能なので大きな資本金も持たない飲食店であっても、このサービスを利用できる大きな利点があります。

そのなかでも野崎翠シェフは、食品開発の統括及び責任者として活躍しており、飲食業界を取りよくしたいという想いからスパイスコードの計画に参加しています。

会社名 スパイスコード株式会社
設立日 2019年8月15日
代表者 代表取締役 中河宏文
所在地 東京都中央区銀座6丁目13番地銀座WallビルUCF5階
事業内容 加工食品等の製作・販売事業

・冷凍食品の製造及び販売

・チルド食品の製造及び販売

・即席麺の製造及び販売

・菓子、シリアル食品の製造及び販売

・乳製品、清涼飲料、チルドデザートなどの製造及び販売

DRAGON CHEF 2021とは?

ABCテレビと吉本興業による次世代のスターNo1決定戦で公式You TubeやTwitterのライブで配信されている。この大会のMCを務める南海キャンディーズの山里亮太さんも「この大会は料理のM-1グランプリですからすごいですよ!」といっているようにこの大会で優勝できれば優勝賞金の1000万円も魅力的ですが、それ以上に実力も認められて有名になれる大きなチャンスなのでしょう。

DRAGON CHEF 2021の出場者した料理人は全国から集まり761名いました。

2020年12月に募集し集まった料理人が761名の中から、一次選考(都道県予選)を突張し59名のシェフが6つのエリア予選で激突し、次なるステージ、サバイバルラウンドへ進めるのは16名の精鋭シェフになっています。

DRAGON CHEF 2021のサバイバルラウンドに進出したのは

各都道府県 名    前 人数
北海道・東北 本田孝幸(福島)、下國伸(北海道) 2名
関東・甲信越 野崎翠(東京)、髙木祐輔(東京)、井上豪希(東京)、ポンポコ団キング(東京) 4名
東海・北陸 大野嬉々(三重)、佐藤翔太(石川) 2名
近畿 三島伴博(大阪)、花田洋平(大阪)、中井建(大阪)、中川寛大(京都) 4名
中国・四国 井原尚徳(高知)、三和慎吾(山口) 2名
九州・沖縄 山下泰史(福岡)、徳永未奈子(宮崎) 2名

こちらのエリアを勝ち抜いた精鋭シェフ16名が「総監督」である須賀洋平シェフが出す課題に挑み、勝敗を喫します。センスやアイデア、テクニックを織り交ぜて、単純な料理の美味しさのみならず、料理人としてのトータルの総合力が試されます。

とても楽しみなサバイバルラウンドになっており、2021年の夏に開催される決勝ラウンドに勝ち進むために、各シェフの人達も力を出し尽くすでしょう。

4月24日(土)深夜0時5分スタートの『ザ・プレミアム・モルツ プレゼンツ DRAGON CHEF 2021 〜サバイバルラウンド〜』(ABCテレビ・関西ローカル)で放送されるそうで、ビールとあう絶品をテレビを見ながら、一杯やるのもいいかもしれませんね。

 

まとめ:野崎翠シェフとは?どんな料理を作るの?野崎翠シェフが働くスパイスコードについてもレビュー!

今回は野崎翠シェフについて調べてみましたが小学校2年生のときからコックになるという夢を実際にイタリアなど料理について学びシェフになって夢を叶えて、今度は違う形でスパイスコードで同じ気持ちをもつシェフや様々な人のために料理を届けるというかたちで活躍しています。

これからザ・プレミアム・モルツ プレゼンツ DRAGON CHEF 2021 〜サバイバルラウンドで活躍する野崎翠シェフとスパイスコードについて注目しながら応援していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です