井上豪希とは何者?結婚して奥さん(妻)はいるの?食のクリエイティブディレクターって何?

「DRAGON CHEF 2021」でサバイバルステージに進出した関東・甲信越代表の井上豪希さんですがDRAGON CHEF 2021のサバイバルステージに進出したことで話題になっていました。

そんな井上豪希さんは食のクリエイティブ・ディレクターとして様々な取り組みされているそうです。

今回はそんな井上豪希さんとはどんな人なのでしょうか?結婚して奥さん(妻)はいるのか、食のクリエイティブディレクターってなんなのかについても調べてまとめてレビューしたいと思います。

井上豪希とは何者?

DRAGON CHEF 2021のサバイバルステージに進出した井上豪希さんとは何者なのでしょうか?

DRAGON CHEF 2021のプロフィールでは食のクリエイティブ・ディレクターと書いていましたが、調べてみると様々なことに挑戦されていることが分かりました。

その前に軽くプロフィールについて調べてみましたので参考にしてみてください。

名前:井上豪希(いのうえ ごうき)

生年月日:1985年4月9日

血液型:B型

経歴

2009年 水産大学校 卒業
2009年 日本海事検定協会 入社
2015年 株式会社 Blabo 入社
2016年 株式会社 ESSPRIDE 入社
2017年 株式会社TETOTETO 創業

井上豪希さんの職業は、料理家・茶道家・狩猟家などがあり先程お伝えしたクリエイティブ・ディレクターの側面もあり、株式会社TETOTETO運営しているそうです。

名前も豪とカッコいいですが様々な取り組みをされているのですね。

様々な取り組みをされている井上豪希さんですが、どのような活動をしているのでしょうか。

300年以上続く三重県鈴鹿市の和菓子店や100年以上タコと向き合ってきた水産業の老舗と一緒に商品開発をしたり。
オリジナルのリンゴバターやコーラをつくったり。
眼鏡屋さんやお寺のウェブサイトをつくったり

後ほど奥さん(妻)についても書いていますが、井上豪希さんは結婚されており、二人の仕事の選び方はワクワクするかどうかだそうです。

毎日を楽しく、ワクワクできる仕事をしている井上豪希さんの作る料理もワクワクが乗り移ってるのかもしれませんね

井上豪希は結婚してるの?奥さん(妻)は誰?

 

井上豪希さんには奥さん(妻)がいます。名前は桃子さんというそうです。

2015年おもてなしユニット「てとてと」として活動し、二人で過ごす時間をもっと充実させたく「てとてと」というユニットを組んで、都会の真ん中で丁寧な暮らしを実践しているそうです。

井上豪希さんと桃子さんの得意なことを生かして、自宅でホームパーティー等を出来るように自宅を「てとてと食堂」として、1年間で100回開催されています。

夫婦2人で楽しみながら好きなことを共感してお仕事するのはとっても素敵なことですね。

そんなてとてとは、自由が丘のマンションの1階の端っこにあり、全室をリノベーションしたモデルルームみたいな部屋で、そこでシェフ顔負けな創作料理や「奇跡の宝石料理7品コース」などが食べられます。

詳しいてとてとの場所などについても調べてみましたが見つけることができませんでした。しかし、DRAGON CHEF 2021で活躍すれば更に井上豪奇さんについて新しい発見がでてくるかもしれません。

その時を楽しみに待ちたいと思います。

井上豪希の仕事の食のクリエイティブディレクターって何?

 

そんな井上豪奇さんの仕事の1つクリエイティブ・ディレクターとは何なのでしょうか?

クリエイティブ・ディレクターとは、企画から制作過程における全ての業務において指揮をしたりする総責任者です。

企業イメージや商品、サービスなどを消費者にアピールするコピーライティングのもそのお仕事に含まれています。

確かに井上豪奇さんは、様々な取り組みを企画したり制作したりしていますね。

そんな食のクリエイティブ・ディレクターである井上豪奇さんと桃子さんのホームページがありましたので紹介しておきますね。気になる方は参考にしてみてください。

参考:てとてとホームページ

DRAGON CHEF 2021とは?

ABCテレビと吉本興業による次世代のスターNo1決定戦で公式You TubeやTwitterのライブで配信されている。この大会のMCを務める南海キャンディーズの山里亮太さんも「この大会は料理のM-1グランプリですからすごいですよ!」といっているようにこの大会で優勝できれば優勝賞金の1000万円も魅力的ですが、それ以上に実力も認められて有名になれる大きなチャンスなのでしょう。

DRAGON CHEF 2021の出場者した料理人は全国から集まり761名いました。

2020年12月に募集し集まった料理人が761名の中から、一次選考(都道県予選)を突張し59名のシェフが6つのエリア予選で激突し、次なるステージ、サバイバルラウンドへ進めるのは16名の精鋭シェフになっています。

DRAGON CHEF 2021のサバイバルラウンドに進出したのは

各都道府県 名    前 人数
北海道・東北 本田孝幸(福島)、下國伸(北海道) 2名
関東・甲信越 野崎翠(東京)、髙木祐輔(東京)、井上豪希(東京)、ポンポコ団キング(東京) 4名
東海・北陸 大野嬉々(三重)、佐藤翔太(石川) 2名
近畿 三島伴博(大阪)、花田洋平(大阪)、中井建(大阪)、中川寛大(京都) 4名
中国・四国 井原尚徳(高知)、三和慎吾(山口) 2名
九州・沖縄 山下泰史(福岡)、徳永未奈子(宮崎) 2名

こちらのエリアを勝ち抜いた精鋭シェフ16名が「総監督」である須賀洋平シェフが出す課題に挑み、勝敗を喫します。センスやアイデア、テクニックを織り交ぜて、単純な料理の美味しさのみならず、料理人としてのトータルの総合力が試されます。

とても楽しみなサバイバルラウンドになっており、2021年の夏に開催される決勝ラウンドに勝ち進むために、各シェフの人達も力を出し尽くすでしょう。

4月24日(土)深夜0時5分スタートの『ザ・プレミアム・モルツ プレゼンツ DRAGON CHEF 2021 〜サバイバルラウンド〜』(ABCテレビ・関西ローカル)で放送されるそうで、ビールとあう絶品をテレビを見ながら、一杯やるのもいいかもしれませんね。

まとめ:井上豪希とは何者?結婚して奥さん(妻)はいるの?食のクリエイティブディレクターって何?

井上豪希さんについて今回は見ていきましたが、とても楽しく仕事をしていることが分かり夫婦でワクワクしながらお仕事をしていることが想像できました。

辛いときもあったと思いますが、それをワクワクに変えていったのでしょうね。

また、食のクリエイティブ・ディレクターとして、てとてとを経営し様々な取り組みをしているということが分かりました。

ザ・プレミアム・モルツ プレゼンツ DRAGON CHEF 2021 サバイバルラウンドでは井上豪希さんがワクワクする料理を披露してくれることを期待したいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です