朝倉未来はタップしていた?レフェリー止めるの遅くない?レフェリーストップのタイミングは?

東京ドームで開催されたMMAイベントで行われた朝倉未来選手とクレベル・コイケ選手の試合がありました。

結果的には朝倉未来選手が負けてしまい残念な結果となりましたが、内容的には素晴らしい試合展開で多くのファンも感動していたのではないでしょうか。

試合展開では、クレベル・コイケ選手の三角絞めで朝倉未来選手が失神しレフェリーストップという形で試合が終了しました。

今回は東京ドームで開催された朝倉未来の試合で、朝倉未来はタップしていたのでしょうか?ファンの間でもレフェリーが止めるの少し遅くないという疑問の声があったことから、レフリーストップのタイミングについても調べてまとめてみました。

朝倉未来はタップしていた?

朝倉未来選手は、2021年6月13日に東京ドームで行われるRIZINの試合前にも「タップしたら試合が終わってレフェリーが助けてくれっていう、俺達はそんな中途半端な気持ちでやっていない」と言っていました。

それに対し対戦相手のクレベル・コイケ選手は「タップしないなら、絶対落ちるよ。壊れちゃう、折れちゃう」と強制的に試合を終わらせることを語っています。

そんな朝倉未来選手がタップしたのかについては、見えづらい部分もありタップしたようにも見えたり見えなかったりと少し謎に包まれている部分でした。

朝倉未来選手は、失神するほどまでの覚悟で今回の大会に挑んだんでしょうね。

試合後も「悔しいけど、試合をやってよかった。歴史的な東京ドームの大会でメインが出来たのは自分の宝になる」と話していた朝倉未来選手です。

試合に負けたのはかなり悔しかったでしょうね。はやく回復して今度の試合では勝利してほしいですね。

朝倉未来が負けた試合レフェリー止めるの遅くない?

朝倉未来選手の試合を見たファンの間でも、朝倉未来選手をクレベル・コイケ選手が三角絞めして、レフェリーが止めるタイミングが遅いのではという声が多くありました。

クレベル・コイケ選手も格闘家として多くの経験を積んでいるのでしょう。

失神している朝倉未来選手に、すぐに近づいて心配している様子はさすがは格闘家でスポーツなんだと実感しました。

クレベル。
ちゃんとレフェリーに失神してること伝えてたし、試合決まってすぐ朝倉未来のこと心配してたよね。
すげー良い選手で、すげー良い人やな。

格闘技でありスポーツということで、クレベル・コイケ選手も朝倉未来選手のことが心配だったのでしょうね。

朝倉未来選手がタップを出来ない状態だったのかどうかについては、本人しかわかりませんが試合の展開をみて審判でもあるレフェリーが適切な判断することによって楽しいスポーツとして盛り上がって欲しいですね。

クレベル試合直後に未来に対して怒ってたね
タップしないと危ないだろ!みたいな感じがクレベルから本気で伝わった

レフェリーストップのタイミングは?

レフェリーストップとは、選手が負傷などをし試合続行不可能とレフェリーが判断したときにレフェリーが試合を中止することができることです。

今回の朝倉未来選手の場合には、朝倉未来選手が失神したとレフェリーが判断したことでレフェリーストップとなったのですね。

格闘技の世界ではレフェリーストップがはやすぎて、選手やファンが不服に思うケースもあるようです。

しかし選手の選手生命を守るという意味でもレフェリーの正確で的確なスピードで試合展開を楽しみたいですね。

レフェリーがいることで、格闘技もスポーツとして多くの人が楽しく安全に見ることができるのですね。

過去にも選手同士の実力がはっきりしている中で、最終ラウンドまでもつれ込んだというケースもあるようです。

しかし今回の朝倉未来選手とクレベル・コイケ選手の場合には、実力差も均一していて、レフェリーの方の判断も悩ましかったのでしょうね。

まとめ:朝倉未来はタップしていた?レフェリー止めるの遅くない?レフリーストップのタイミングは?

今回は残念ながら敗北して失神してしまったことで、朝倉未来選手がタップしていたのかなど疑問に思い調べてみました。

タップはしていないように見えましたが、タップしようと思ったけど出来なかったという場合もあるため、朝倉未来選手にしかわからない状態でした。

レフェリーストップが遅かったという意見も多かったですが、両者の実力が接戦していたということも理由の一つで遅れた可能性がありますね。

どちらにしても朝倉未来選手については、はやく怪我や体力を回復して元気な姿で格闘技界を盛り上げってほしいですね。

今後の朝倉未来選手に注目しながら応援していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です