下國伸シェフのwiki風に経歴まとめてみた!出身高校や彼女、結婚はしてるの?

2021年7月4日のテレビ朝日系列で次世代スター料理人NO1を決める「ドラゴンシェフ2021」で見事初代王者の名誉と1,000万円の賞金を手にした下國伸シェフです。

北海道出身ということもあり、道民のみんなは喜んでおり下國伸シェフが料理長を勤めている店舗コート・ドールのファンの方も大喜びでしょう。

今回はそんな下國伸シェフwiki風に経歴をまとめてみました。また出身高校や彼女、結婚はしてるのかについてもまとめて調べてみました。

下國伸シェフの勤めている店舗、コート・ドールについての記事も書いていますので気になる方は参考にしてみてください。

参考:下國シェフとはどこの料理人?美味しいのか?口コミもレビュー!

下國伸シェフのwiki風に経歴まとめ!

https://twitter.com/hide__1218/status/1412777946654208003?s=20

北海道の旭川市で生まれており、お父さんの影響もあり料理の道を志したそうで、2017年に札幌の老舗フレンチレストラン・コート・ドールから声がかかり4代目の料理長に就任し既成概念にとらわれない自由なフレンチを体現しています。

名前:下國 伸(しもくに のぶ)

料理スタイル:風土

生年月日:1986年

出身:北海道旭川市

卒業した学校:旭川調理師専門学校

専門:フランス料理

家族:妻・長男

2018BRONZUEGGにも受賞されており、その際の1次審査では料理名:ヨクオハウ2018を作られています。

テーマがあぶらということで、北海道の先住民族アイヌの方々の料理オハウが思い浮かんだそうです。

アイヌの方々から受け継がれてきた北海道の恵み 鹿肉、アイヌネギ、キハダの実と組み合わせたスープをオハウにしたそうで、現代だからこそできる今のオハウを食べていただきたいと仰ると通り、オハウにはアイヌの文化が盛りだくさん組み込まれている料理ですね。

そんな下國シェフは地元である旭川市の調理師専門学校を卒業しているようですが、下國シェフが北海道の先住民族アイヌの方々の料理オハウが思い浮かんだ原点にもなっていそうな地元の調理師専門学校について深堀りしたいと思います。

学校法人浅井学園、旭川調理師専門学校は北海道で第2位の都市に学校があり、古くからアイヌの人々の営みと開拓の歴史によって、今日の旭川の基礎が築かれています。

こちらの旭川調理師専門学校で下國シェフはアイヌの文化や食に対する考え方を習ったのでしょうね。

元々、ホテルの料理長を勤めていた影響で料理を始めた下國伸シェフの専門学校卒業後の歩みを簡単にまとめてみました。

・箱根のオーベルジュオー・ミラドーで4年半修行

・東京のピュールがニュエールにて2年修行

・ヴァラレスのラカシュェットで修行

・北海道の札幌でW27のシェフを勤める

・2017年コート・ドール4代目シェフに就任

美味しい食材がたくさんある北海道で、絶品のシェフが振る舞う料理を1度は食べてみたいですね。

北海道に観光旅行などで来る際は、是非1度食べてみてはいかがでしょうか。

2021年7月現在、下國伸シェフが料理長を勤めているコート・ドールについて場所も書いた記事がありますので気になる方は参考にしてみてください。

参考:下國シェフとはどこの料理人?美味しいのか?口コミもレビュー!

下國伸シェフの出身高校は?

下國伸シェフの出身高校についての情報はありませんでした。

地元の旭川市に高校は、2021年現在、私調べで私立・公立、合わせて13校あります。これらの地元の高校にいっていたのでしょうか?若しくは料理の専門の高校にいっていた可能性もありますね。

北海道でも有名な三笠高校生レストランもありますので、三笠高等学校にいっていた可能性もありますね。

せっかくですので、場所について紹介しておきますので気になる方は参考にしてみてくださいね。

店名:三笠高校生レストラン MIKASA COOKING ESSOR

住所:北海道三笠市若草町396番地1

下國伸シェフのに彼女はいるのか?結婚はしてるの?

下國伸シェフは結婚しているのか?下國伸シェフは結婚はしています

今回のドラゴンシェフで王者に輝いた下國伸シェフの裏側には、奥さん(妻)の掛け声も大きかったようです。

そんな時、奥さんからかけられた言葉が

簡単だよ。伸くんからはエネルギーが出ていない。優勝する覚悟が足りないよ。」

というものだった。これを準決勝、決勝とテーマにして戦うことで、優勝することができた。

この奥さんからの一言で「覚悟とエネルギー」が下國伸シェフに産まれたそうです。

料理の勉強やお仕事が忙しい下國伸シェフですが、料理人の奥様とはどのような感じなのでしょう。

毎日おいしい料理を作ってもらえるのでしょうか?逆に作った料理を評価してくれて一緒に料理を作るのでしょうか?どちらにしてもプロの料理人から教えてもらえるのでとても勉強になりますね。

下國伸シェフが結婚しているということがわかりましたが、料理人の奥さんということで苦労する部分もたくさんあるのでしょうね。

しかし苦労もあれば、幸せで楽しいことがあるのが人生で、2人で協力しながら、今回のドラゴンシェフを勝ち抜いたのでしょうね。

下國伸シェフがドラゴンシェフの初代王者になったことで、お店も有名になり予約をとるのも難しいでしょう。

https://twitter.com/asaka830/status/1411655408364580867?s=20

 

まとめ:下國伸シェフのwiki風に経歴まとめてみた!出身高校や彼女、結婚はしてるの?

今回はドラゴンシェフで初代王者に輝いた下國伸シェフについて調べてまとめてみましたが、北海道の地元愛をものすごく感じました。

また今回のドラゴンシェフでは、奥さんの一言に勇気をもらったという部分もとても共感でき、夫婦関係がとても仲がよく、信頼しあっていることで、今回の結果にも繋がったのではと感じました。

これからテレビなどで見ることが多くなると思う下國伸シェフに注目しながら応援していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です