闇営業で芸能界を引退したカラテカ入江が社長に!現在の年収は?

元お笑いタレントや実業家として、活躍していたお笑いコンビカラテカのツッコミを担当をして人気を集めていた入江慎也さんの現在何しているか皆さん知っていますか?

入江慎也さんといえば世間を騒がせていた闇営業問題で中心的存在だったカラテカ入江慎也さん(42)が吉本興業から6月に契約解除されました。

その後は都内の掃除業者でアルバイトをしていたとの噂もありましたが、現在は何をしているのでしょうか?今回は入江慎也さんの今のお仕事や年収について調べてまとめていきます。

入江慎也の現在は?

社名:株式会社ピカピカ

代表取締役:入江慎也

設立:2020年7月7日

資本金:300万円

事業内容:ハウスクリーニング業務・エアコンクリーニング業務・除菌、コーティング業務・オフィス、店舗、空室クリーニング業務

こちらが入江慎也さんが代表を務めるピカピカのホームページ

入江慎也の今の年収!

現在は株式会社ピカピカの代表取締役を務めています。

国分寺市の八百屋の飛半さんで共同開発している洗剤「ホワイト」も宣伝されており、そちらの収入もあるのでしょうね。

こちらは、ご自身の会社でクリーニングをした物件を紹介されています。不動産業務の収入もあるのではないでしょうか。

では、入江慎也さんの現在の年収はどれくらいになるのでしょうか?

・株式会社ピカピカ

・株式会社イリエコネクション(コンサル・講演会)

・本の印税

闇営業での影響もあり、株式会社イリエコネクションについての収入は減っていると予想されますが、入江慎也さんの車「ベンツ」や家賃24万のデザイナーマンションに住んでいることを考えると月収は100万以上だと予想されますね。

過去の年収とくらべて!

入江慎也さんの芸能界時代どれくらいの収入があったのでしょうか。

芸能界時代には「友達5,000人」と人脈を活かした活動が主だったようで、お笑いでの収入はそれほど多くはありませんでした。

では実際は芸能人時代の年収はどのくらいだったのしょうか?2018年の「さんまのお笑い向上委員会」という番組で語っていたものを参考にしています。

芸人としての月収は:約20万円

副業での月収は:約350万円

年収にすると約3600万・・・!

内訳
・講演料
・企業コンサル
・本の印税

入江慎也さんはコミュニケーションなどについての本も出版しており、そちらの印税収入もあります。コンサルや講演会についても2019年4月まではかなりの本数をこなしていたのではないでしょうか。

現在は芸能人時代の年収よりは少ないようですが、株式会社ピカピカで信頼を得てコンサル業の仕事が増えてこえば、芸能界時代より高い収入になってくるかも知れませんね。

入江慎也プロフィールは?

1977年に高校の同級生だった矢部太郎とコンビを組んでコンビ名カラテカを結成して吉本興業に所属していました。

2015年には、友人と株式会社入り江コネクションを設立しており、起業家としての才能もみせていましたが、2019年6月に世間でも話題になった闇営業が発覚して吉本興業から契約を解除され芸能界を引退しています。

本名:入江慎也(いりえ しんや)

生年月日:1977年4月8日

年齢:43歳(2020年現在)

出身地:東京都小平市

血液型:O型

身長:158cm

最終学歴:東京都立保谷高等学校

趣味:サッカー・キャンプ・プリクラ集め・マンガ集め・買物・フリーマーケット・ナンパ

まとめ

才能あふれる入江慎也さんですので、掃除会社でも成功するのではないでしょうか。知らなかったとはいえ闇営業をしてしまった入江慎也さんですが、今後さらなる活躍に期待したいですね。

また上のような口コミがたくさんみれました。元芸能人やお笑い芸人のファンの方には得した気分になるのではないでしょうね。是非都内にお住まいの方は一度頼んでみてはいかがでしょうか。

また、年収についても芸能界時代より稼ぐとなれば皆さんにも夢が持てるのではないでしょうか。最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です