早川隆久選手のプロフィールや家族構成まで!球速や球種は?

いよいよ2020年ドラフトの季節がやってきましたね。

多くのドラフト候補の選手がいる中で今回注目の選手が、左腕で最速155キロを記録した早川隆久選手に注目したいと思います。

そんな早川隆久選手について、どのような人生を歩んで来たのかプロフィールや家族構成はたまたピチャーとしてスピードが速いだけのピッチャーなのかについて調査していきます。

早川隆久の経歴やプロフィールについて!

早川隆久選手は、最速151キロを誇るストレートが武器の本格左腕で2020年の大学生の中でもトップクラスの、大学No.1左腕と言われています。

早来隆久選手のプロフィールは?

名前:早川隆久(はやかわ たかひさ)

生年月日:1998年7月6日

年齢:22歳(2020年現在)

出身:千葉県横芝光町

身長:179cm

体重:72kg

出身小学校:上境小学校

小学チーム:上境SBC(ソフトボール)

出身中学校:横芝中学校

中学チーム:横芝中学校

出身高校:木更津総合高校

出身大学:早稲田大学

投球投打:左投げ左打ち

ポジション:投手

野球を初めた経緯

小学生

早来隆久選手の出身は千葉県横芝光町というところで、千葉の北東部に位置します。野球をはじめてきっかけは小学校1年生の時にソフトボールを初めたことです。

中学生

中学校時代にはシニア等には所属せず、横芝中学野球部に所属しており、一塁手兼投手でした。因みに中学校では軟式野球です。早来隆久選手の在籍中には県大会8強に進出しています。

高校生

木更津総合高校時代には1年生のときからベンチ入りしています。2年春には選抜で控え投手として出場しています。3年春にはエースとして活躍し、さらに侍ジャパンU-18に選出され、U-18アジア選手権で優勝しています。

大学生

早稲田大学に進学した早来隆久選手でしたがコロナの影響もあり、延期となっていた東京六大学野球春季リーグの開幕戦で明治大学相手に最速155キロをだし、9回6安打、1失点、12三振という素晴らしいピッチングを披露されています。

早川隆久選手の家族構成は!兄弟はいるの?

早川隆久選手はどうやら、5人家族のようですね。父親、母親、お姉さんが2人います。

父親:早川徳治

母親:早川優子

姉:現在調査中

姉:現在調査中

本人:早川隆久

早川隆久選手の球速や球種は?

早川隆久選手の最高球速は「155キロ」と日本のサウスポーの選手の中でもトップクラスです。今後、左投手の最高速度「160キロ」に期待がでますね。

そんな早川隆久選抜はストレートでガンガン攻める投手に思われますが、実はキレのいいストレート、スライダー、ツーシーム、カーブをバランスよく混ぜ合わせ、一方に偏らない。投手になんです。

しかも最初から最後までコーナーや高低へのコントロールが緻密で、打者を翻弄スタイルです。なぜこのような投球ができるのでしょうか。

早川隆久選手が緻密なコントロールをもたらす要因となっているのが完璧な投球フォームです。
・前肩が開かない、
・下半身が伸びて、それに引っ張られるように上半身が時間差で伸びていく

というのが早川隆久選手の最大の美点で、いつまで見ていても見飽きない。「高校野球界のアート」
そう言っても過言でないほど早川隆久選手のピッチングは美しいです。

また、ストレートも常時145キロ前後でコントロールもよく、マウンド度胸も抜群です。間違いなく即戦力でケガさえなければ、1軍のマウンで見れる日も近いのではないでしょうか。

まとめ

早川隆久選手は5人家族で、姉が2人いて、最高速度「155キロ」のストレートを投げる左腕投手でした。

早川隆久選手は小宮山監督(元ロッテで早大)に「20年に一人のサウスポー」と最大の評価を受けており将来有望な選手ですね。

コーナーや高低へのコントロールが緻密で、配球もキレのいいストレート、スライダー、ツーシーム、カーブを使い分けてバランスの良い投手です。今後のプロ野球での期待が膨れ上がりますね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です