「えんとつ町のプペル」のあらすじや見どころは!キャラクターの声優は?【画像】

キングコング西野亮廣さんの絵本「えんとつ町のプペル」のアニメ映画化が決まり話題になっていますね。

鬼滅の刃が話題になっているなか、2020年12月25日からの公開となっていて楽しみにまっている方も多いのではないでしょうか?絵本では無料公開されていて、後のイメージは声優さんによるものが大きく変わってきますね。

主人公であるルビッチについては、芦田愛菜ちゃんがおこなうといったことは、皆さんも知っているともいますが、他の登場人物はどうなんでしょうか?

今回はアニメ映画化「えんとつ町のプペル」の声優さんについて調べてまとめてみました。

えんとつ町のプペルのあらすじや見どころは?

映画化が決まったえんとつ町のプペルですが、キングコングの西野さんによると、その道プロが一つ一つ丁寧に作成されているそうです。

町を描く専門家や空を描く専門家、人物を描く専門家と各分野の専門家が物語を完成させています。

本作は西野亮廣さんが原作ですが、映画版でも製作総指揮と脚本を担当しており、原作に忠実な作品になることが予想されますが、映画版では少し変更されているでしょうね。

しかし、ファンタジーで画像の美しさにはこだわっているのではないでしょうか。

あらすじは?

物語の舞台は4,000mのが毛に囲まれており、工場などからでる煙に覆われており空が全く見えないえんとつ町!

外の世界を知らない住人たちがいる町がありました。

住民たちは町が煙が遮っていることも、もはや当たり前の光景だった。

そのため普通の環境下であれば誰もが知っている、空には星が光っているという

ことも知らなかったのです。

そんなえんとつ町では1年前ある事件が起こっていて、これが全ての発端となっていた。

その事件とは、ブルーノという男性が突然姿を消してしまったというもの。

ブルーノは紙芝居をやっていて、えんとつ町で誰も見ることができない星のことを

語っていた男性でした。

やがてブルーノの失踪事件はえんとつ町では海の怪物に食べられてしまったのでは

ないかという噂に発展していく。

そんなブルーノの息子ルビッチは、父親がいなくなったことで働かなけらばならない

ことに。ルビッチはえんとつ掃除屋になり一生懸命働きました。

 

またルビッチは、えんとつ町の住民たちからは好感を得ることができませんでした。

なぜならブルーノの教えに忠実で星の存在を信じていたから。

住民たちからは、嘘つき呼ばわりされてしました。

そんな町にもハロウィンの季節になりました。この時期は、魔除けの煙も加わり、

いつにも増して煙が充満していました。夜空を駆ける配達屋が煙のせいで咳き込み

うっかり配達中の心臓を落としてしまいます。

その心臓が落ちた場所はゴミ山だった。心臓が鼓動を鳴らすとゴミが引き寄せられ

そこからゴミ人間が誕生した。

ゴミから生まれたゴミ人間は見た目も臭いも酷かったことで、町の住人からは

相手にされず、嫌われていました。

そんなゴミ人間に声をかけたのがルビッチだったのです。

ルビッチもまたプペル同様に町の住人から疎外されていたことから、二人はすぐに

友達になりました。

そしてここから二人の心温まる物語が始まる・・・が

えんとつ町のプペルの見どころは?

なんといってもクリスマスに初上映ということが魅力の一つになってますね!多くの子供達へのクリスマスプレゼントになるのではないでしょうか!

原作の絵本を読んだ方ならわかる感動をえられて、絵本を読んでない方にも知らない世界観が広がってくるでしょう。

しかし無料でえんとつ町のプペルの原作が見ることができますので見てからいくのがオススメになるでしょう。

大ヒット中の絵本「えんとつ町のプペル」の無料公開はこちらから!

『映画えんとつ町のプペル』は、基本はファンタジーな要素、画像の美しさなど

見どころ満載。

真実が覆い隠されていてルビッチとプペル以外、誰もがそれに疑問を持っていない

といったところは、風刺めいているともいえるでしょう。

そんな本作は、西野亮廣さんの同名の絵本が原作。西野亮廣さんは、映画版でも

製作総指揮と脚本を担当しますから、原作に忠実な作品になることが予想されます

が映画版画像を見ると少し変更されているところもあるように感じます。

絵本を読んだ方は、どこが変更されているのかも見どころと言えるかも。

監督を務めるのは、廣田裕介さん。キャストはプペル役を窪田正孝さん、ルビッチ役

を芦田愛菜さん、ブルーノ役が立川志の輔さん、ローラ役を小池栄子さん、スコップ

役が藤森慎吾さん、レター15世役を野間口徹さん、アントニオ役が伊藤沙莉さん、

トシアキ役を宮根誠司さん、デニス役が大平祥生さん、スーさん役が飯尾和樹さん、

アイパッチ役が山内圭哉さん、ダン役が國村準さんとかなり多彩なメンバー。

当然、豪華キャスト陣の演技も見どころですが、特にゴミ人間のプペルの声を窪田正孝は、どのように演じてくれるのか、楽しみです。

またオープニング主題歌は、HYDEさんの「HALLOWEEN PARTY -プペル Ver.-」ということで物語にどのように彩りを添えてくれるのかも見どころの一つ。

えんとつ町のプペルの声優は?

プペル(ゴミ人間):窪田正孝

ゴミから生まれたゴミ人間プペルを演じる窪田正孝さんは、映画「初恋」で日本国内だけでなく、海外からも注目されNHK連続ドラマ「エール」でも主演をつとめています。

単独インタビューではコロナ渦で、先々の不安にさいなまわれていた時にオファーを受け、「大きな勇気をもらった」という窪田正孝さんです。

ルビッチ(少年):芦田愛菜

星を信ずる少年ルビッチの声優を務める芦田愛菜さん!ルビッチについて芦田愛菜さんは、本当は不器用で人付き合いが苦手で、ちょっと気弱な男の子ですが、どれだけ批判を受けても夢を忘れず、大好きなお父さんの言ったことを信じ続けられたのは友達であるプベルの存在が大きかったと言っている。

芦田愛菜さんもプベルのように友達を大切にし、逆に友達にそのように思われる存在でいたいと語ってくれています。

夢を求める子供達や大人の人にも、夢に向かって進みたくなる映画なのですね。

ブルーノ(ルビッチの父):立川志の輔

立川志の輔さんは芸歴37年という落語家の大ベテランですが、えんとつ町のプペルでは初の声優挑戦ということで、キングコングの西野さんは映画化するときから立川志の輔さんにお願いすることが決まっていたと話していました。

志の輔は「アニメーションに合わせてセリフを言う時、すでに声が入っているものを聞かせていただいたんですけど、それだけで泣けてくるんです。初めてですよ、アニメーションを見ながら、自分の声を出しながら結局は泣いているなんて。本当に素晴らしい映画に参加させてもらうんだなって、練習する度に思っていました」と告白。ブルーノについては「細かいことを気にしないで、大らかに笑って、悔しかったら大いに泣いて、腹へったら大きな声で『腹へった』と言う。私は細かいことばっかり気にして生きてきたので、ブルーノが羨ましくて、こんな男になりたかったなという印象です」と憧れを語っている。  主人公のルビッチには、西野自身の経験も投影されており、西野に“新しい挑戦”への決意を後押しした志の輔が、ルビッチの背中を押すブルーノと重なっている。ブルーノの真っ直ぐで嘘の無いセリフは観客の目頭を熱くさせ、ラストには感動のシーンも用意されているだけでなく、心に突き刺さる名言の数々にも注目だ。

ローラ(ルビッチの母):小池栄子

スコップ:藤森慎吾(オリエンタルラジオ)

藤森慎吾さんが声優するおしゃべり山のスコップは、名前の通り思ったことをなんでもくちにしてしまい、プペルとルビッチにも重要なことをペラペラと喋ってしまうキャラクターです。

なんとなく藤森慎吾さんとイメージがかぶりますね。そんなスコップですが、ルビッチとプペルの冒険を支える、心優しい一面も持ち合わせています。

なんか写真でも似ている気がしませんか?お似合いの声優ですね。

ドロシー:本泉莉奈

ルビッチの頼れる姉貴分の声優は本泉莉奈さんです。

ダン:國村隼

えんとつ掃除屋のボス!

アイパッチ:山内圭哉

頼れるえんとつ掃除屋

スーさん:飯尾和樹

えんとつ掃除屋の良い人

アントニオ:伊藤沙莉

ルビッチの元友達

レベッカ:諸星すみれ

ルビッチの元友達を演じてくれるのは本格的な声優の諸星すみれさんです。豪華キャスト陣ではあるが、声優の経験が少ない中でどのように引っ張ってくれるのか!

声優の経験豊富な諸星すみれさんにも注目ですね。

デニス:大平祥生

ルビッチの元友達

レター15世:野間口徹

えんとつ町を統べる「レター15世」の声優を務める野間口徹さんですが、どの声優さんもそうですが、キャラクターと本人がそっくりに見えるのは私だけでしょうか。

声優さんと本人を見ているだけでもワクワクしてきませんか。

トシアキ:宮根誠司

影の独裁者の声を演出してくれるは、ミヤネ屋でお馴染みの宮根誠司さんです。影の独裁者ではあるが、彼なりの正義があるようですね。

キングコングの西野亮廣さんは出演されないのでしょうか?気になりところですね。西野さんが出演されるかも気になりますが相方の梶原さんことカジサックさんも出演についてが気になりますね。

調べた所、2人とも出演されるようですが、すごく短いセリフのよう町人Aとして出演されているようです。

こちらに関して楽しみが1つ増えましたね。どこで出演されているのか探してみるのも楽しみですね。

まとめ:「えんとつ町のプペル」のあらすじや見どころは!キャラクターの声優は?

映画「えんとつ町のプペル」が原作の絵本に忠実な作品になっているでしょうが、映画版では少し変更になっているかも知れませんね。

原作の絵本は無料で公開されていることから、見てから映画館にいけば更に楽しむことができるのではないでしょうか。

声優さんも芦田愛菜さんを中心に豪華な声優揃いですので楽しみですね。人気が出ることは間違いないのではないでしょうか。

公開は2020年12月25日(金)クリスマスイブ

とても楽しみですね。最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です