Amazonの配達員の給料は?荷物を投げた配達員の処分や過去の不祥事は?

またまたAmazonの配達員が配達の荷物を投げるなどして問題になっています。過去にも何度か問題になっている配達員ですが給料はどれくらいもらっているのでしょうか?

配達員の方がそのように無意味な意味で荷物を乱暴にするには理由があるのでしょうか?不満やストレス解消でそのうようなことをしているのでしょうか。

今回はAmazonの配達員の給料が安い上に重労働ということもあり不満があるのでしょうか?また荷物を投げた配達員の処分やAmazonの配達員の過去の不祥事はどの様になるのでしょうか?調べてまとめてレビューしていきたいと思います。

Amazonの配達員の給料は安いの?

Amazonの配達員が品物を投げたりしてニュースで取り上げられていましたが、言い訳の中には給料が安くて重労働だからという声が聞こえてきますが、果たしてそうなのでしょうか?

Amazonの配達員の給料は、個人事業主としてAmazonから個人外注としてデリバリパートナーに登録するか、運送会社に入るかで給料は変わってきます。

調べてみましたが、Amazon配達員の仕事はあらゆるものを運ばなければいけないなどとてもハードで重労働でしたが、給料は決して安いとは思えないような金額でした。こちらに関しては個人の感覚でかわってくると思います。

Amazonから個人外注としてデリバリパートナーに登録してAmazonフレックスの配達員の場合は、荷物の量や地域や場所によってもかわってきますが、時給換算すると2,000円程度になると言われています。

運送会社に就職して配送する場合もありますが、こちらに関しては運送会社の給料になり、仕事の量や作業時間もかわってくるため一概にはいえませんが、大体の給料は、

月給250,000円~400,000円くらいが一般的でしょう。

それぞれ給料体制は変わってくるでしょうが、どちらにしても配達員、個人のモラルによって荷物が適正に運ばれるかはかわってくるでしょうが、雇い主側は徹底的な指導をしているでしょうね。

いくら給料が安いと思うのは人それぞれの感覚になってしまいます。仕事としてやるからにはお客さんに大切な荷物を無事に届けなければいけないのではないでしょうか。

不祥事をおこしたAmazonの配達員の処分は?

このような不祥事では配達員はどのような処分を受けるのでしょうか?これに関しては先程の配達員がどこから雇われているかによってかわってくると思います。

また不祥事の程度によってもかわってくると思いますが、一般的には勧告、譴責、減給、出勤停止、降格、諭旨解雇、懲戒解雇などがあります。

勧告 従業員に対して口頭で反省を求める
譴責 従業員に対して書面での反省を求める
減給 従業員に対して本来支払われる給与から一部差し引く
出勤停止 解雇することなく、一時的に出勤を停止する
降格 役職や職業資格などを引き下げる
諭旨解雇 会社と従業員が話し合い、納得した上での解雇する
懲戒解雇 会社が一方的に従業員を解雇する

Amazonの配達員がどのような処分を受けたかについてはっきりとした情報はなく、皆が同じ処分を受けているかについても不明です。

しかし的確な指導をしていても、今回のような不祥事になるのはとても困りますね。

Amazonの配達員の過去の不祥事は?

https://twitter.com/Justice_77/status/1375206939852906503?s=20

Amazonの配達員の不祥事は過去にも何度かあったようで、内容も何個かあるようで、配達員が荷物を放り投げたや配達場所の手違いもあるようですね。

配達場所のがわからない状態で配達員がマンションの隣の部屋や違った場所に配達してしまうというケースもあるのでしょう。

しかしこのような場合でもAmazonのカスタマーサポートに連絡することで、適切な対応をしてくれているようです。

https://twitter.com/nnekomaru_/status/1375225296668909570?s=20

今回のAmazonの配達員の一部の人のおかげであまりいいイメージを持たれるのは困りますね。

親切なAmazonの配達員や自分の仕事に責任を持って配達してくれている方がほとんどですので、配達員が親切に対応してくれている一例も紹介しておきますね。

https://twitter.com/karona_ch/status/1375266617781673987?s=20

まとめ:Amazonの配達員の給料はやすいの?荷物を投げた配達員の処分や過去の不祥事は?

今回はAmazonの配達員が荷物を投げたことがことが原因でネット上で話題になっていたため、Amazonの配達員の給料はやすいのかや荷物を投げた配達員の処分や過去の不祥事について調べてみました。

個人的なものになるかもしれませんが、給料は決して安いと思いませんが、配達員として雇われる場所や地域、配達の量によってもかわってきます。

過去にも何度かある配達員の不祥事ですが、一部の人によって便利に活用しているAmazon全体が悪いイメージになるのは困りますね。

荷物などに問題があった場合には、Amazonのカスタマーサポートや配送業者に連絡すれば適正な対応をしてくれる場合が多いと思いますので慌てないで問い合わせてみたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です