アクリル板をホットナイフで切る(カット)する方法?おすすめのヒートナイフは?

飛沫感染やDIYと様々な分野で活躍しているアクリル板ですが、自分の好きなサイズで使用したいというタイミングありませんか?

アクリル板のサイズは、様々で販売されており使用したいサイズのものを買えばいいのでしょうが、いざ購入したらサイズが合わないといった経験もあるとお思います。

そんな時にアクリル板を切断するにはどうしたらいいのかと悩んでしまいますね。

アクリル板をホットナイフで切断(カット)する方法があります。今回はそんなホットナイフでアクリル板を切断(カット)する方法やおすすめのヒートナイフについて調べてまとめてみました。

*ホットナイフはヒートナイフやホットカッターとも呼ばれています。

アクリル板とはサイズや厚み

アクリル板には、市販で販売されているなかでも厚みやサイズ、色が様々あります。

購入する前にサイズをしっかり把握して購入されることを最初にオススメします。

アクリル板の長所・短所

長所 ・DIYなどに使用できる

・接着性に優れている。

・非常に透明度が高くキレイ

・屋外でも使用できる

・熱などで加工しやすい

・安価である

・購入しやすい

短所 ・温度や環境により、反りが出る場合がある

・ヒビがはいる

・熱に弱いため屋根面など直射日光で変形する

・強くこすると独特な匂いがする

アクリル板は透明度も高く、ガラスの代わりにも使用される場合があります。厚みのあるアクリル板を水族館で使用しているケースもあるようです。

透明感が感じられて、キレイですので使い方次第で色んな所で使用できますね。

アクリル板サイズ600✕600

4枚セットで厚さ3mmになります。飛沫防止や受付カウンターなどにも使用できますね。幅が600㎜で高さが600㎜のアクリル板です。

アクリル板サイズ700✕600

厚さ3mmにで飛沫防止や受付カウンターなどにも使用できますね。幅が700㎜で高さが600㎜のアクリル板です。

アクリル板サイズ900✕600

厚さ3mmになります。飛沫防止や受付カウンターなどにも使用できますね。幅が900㎜で高さが600㎜のアクリル板です。

足付きになっており、そのまま使用するのにも便利ではないでしょうか。

脚のサイズも幅が290㎜で高さが235㎜になっています。

アクリル板をホットナイフで切る(カット)する方法?おすすめのヒートナイフは?

アクリル板などスムーズに切れないものを簡単にカットするのにも、ホットナイフを使用することで簡単に切る(カット)することができ、切断面も滑らかで美しくできます。

アクリル板の切断を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

アクリル板を切る(カット)する方法についての記事も書いていますので気になる方は参考にしてみてくださいね。

参考:アクリル板を簡単に切る(カット)方法や削る方法は?カッターでも切れる(カット)できるの?

はんだごて YISSVIC 電気はんだごて 23 in 1 60W

100V 温度調節可能 (200-480℃) PSE認証 スイッチ付き 10個交換コテ先付き 収納ケース付き 精密半田ごて はんだ付け 電子作業用 電子DIY用 基盤で、温度調節:YISSVIC はんだごては、グリップにも温度コントローラーが内蔵しており、コテ先温度は200℃から480℃までの広い範囲で簡単に設定できます。

ヒーター容量も家庭用電化製品のコードの断線や楽器の修理、DIYで扱う電気部品のはんだ付け等には最適な60Wです。注:高温作業なので、温度目盛りは目安だけで、誤差もあります。

スイッチ付:YISSVICはんだごは、省エネと安全な保護を確実にするためのON / OFFスイッチ付きで、都度のケーブルの抜き差しが不要で電源をオン/オフできます

77PCS ウッドバーニングキット、プロ用ウッドツール

多機能温度調節可能200〜450℃ウッドバーニングペン はんだごて はんだごてセット 各種クリエイティブDIYツールセット 電子工作/エンボス/カービング/ソルダー用焼き絵ペンでこの焼き絵ペンセットは、初心者、経験者、専門家を含むすべてのスキルレベルで簡単に使用できます。

薪を燃やすだけでなく、はんだ付け、画像転送、ステンシルカット、彫刻、ホットスタンプ、エンボス加工にも使用できます。木製の彫刻ツールには、すべての部品を紛失や損傷なしに保管でき、持ち運びが簡単な高品質のジッパー式財布が付属しています。

 ホットナイフの使用目的は?

アクリル板の切断にも適しているホットナイフですが、刃に熱を通すことで、熱で溶ける多くの素材をキレイに切る(カット)することができます。

また熱で切る(カット)することで、刃物などで切断するのとは違い切りくずやホコリがほとんどでません。

ホットナイフで切れる素材は、以下のようなものがあります。

・プラスチック

・塩化ビニール

・アクリル板

・発泡スチロール

・化学繊維

など熱に溶ける素材でしたら、切る(カット)することができますね。

逆に熱で溶けない素材はカットができないため注意が必要です。

まとめ:アクリル板をホットナイフで切る(カット)する方法?おすすめのヒートナイフは?

ホットナイフは通常のカッターや刃物でカットしにくいものや、キレイな切断面にしたいときに適しています。

アクリル板などを切る(カット)するのにも適していますので気になる方は参考にしてみてくださいね。

また熱を使うということで、使用には十分注意して使用することをオススメします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です