シークワーサーの特徴!様々な料理に使用できる!

皆さんはシークワーサーって知っていますか?最近YouTuberのヒカルさんが沖縄旅行にいった際に美味しいと大絶賛していましたね。日常の生活の中で、シークワーサーを目にする機会が少ない人の方が多いのではないでしょうか。

シークワーサーとは沖縄を原産地とするミカン科(柑橘類)で爽やかな香りと強い酸味が特徴の果物です。

今回はそんなシークワーサーについて、どのように食べるのか、YouTuberヒカルさんは飲み物として飲んでいたが美味しいのか美味しくないのかについてレビューしていきます。

シークワーサーとは何?

シークワーサーとは、沖縄県を主産地とするミカン科の常緑低木で、沖縄から台湾にかけて自生している柑橘系のひとつです。

とくに、シークワーサーの生産が多いとされているのが、沖縄の北部、大宜味村でさかんに栽培されています。

大きさは直径3~4cmぐらいで、熟した果実は酸味がレモンやすだちほど強くないのが特徴で、週格はじめは9月頃~で、緑色の果皮が酸味であるため、焼き魚や揚げ物などにかけてるかいます。

冬になると熟した果実は黄色くなり、甘みもあるのでそのまま食べます。

シークワーサーの味の特徴

甘酸っぱくて爽やかな、沖縄の味で、ジュースにしてちょっと砂糖を入れると飲みやすいです。

絞り汁を調味料として料理の隠し味にも使用できます。夏にはぴったりな味で、グレープフルーツ+レモン+みかん+キュウイ+柚子=シークワーサーといった感じでしょうか。

シークワーサーは美味しいの!

シークワーサーは色んな料理に使用されており料理によっても様々です。

シークワーサージュースやカクテル

唐揚げなどに!

アイス、シャーベット

シュークリーム

お菓子

サンドイッチ

お風呂

https://twitter.com/Kaho_ooo_/status/1321059034003222528?s=20

まとめ

YouTuberのヒカルさんが飲んでいたのはカクテルとアイスのシャーベットを食べていましたね。美味しいと何度もおっしゃていました。暑い夏やお酒を飲んだ後のシャーベットは最高ですね。

是非1度食べてみてはいかがでしょうか。最後まで読んでいただきありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です