【韓国料理】チムタクの味は辛い?口コミは?

皆さん韓国料理のチムタクご存知ですか?韓国料理と言えば辛いイメージがありますよね。

YouTuberのヒカルさんのチャンネルでも調理動画を配信していましたが、実際に韓国料理のチムタクは辛いのでしょうか。辛くても美味しく食べれる料理もあると思いますが、実際にどうなんでしょうか?

今回は韓国料理のチムタクについてどんな料理なのか、辛いのかみんなの口コミについてレビューしていきます。

韓国料理のチムタクとは?

チムタクは、ぶつ切りの鶏肉、ジャガイモ、タンミョンなどを唐辛子と一緒に、醤油と砂糖ベースのタレで煮込んだ”韓国料理鶏の甘辛煮”で、見た目は肉じゃがのような感じで韓国の肉じゃがのイメージです。

チムタクの歴史は、1980年中頃に鶏料理を専門とする店が集まった在来市場から生まれたと言われています。

また、3~4人で一つの皿を食べるのが一般的で、とてもボリューミーな料理です。日本にも浸し味のある醤油ベースで、とろみのタレが染み込んだ肉や野菜はご飯との相性抜群です。

チムタク辛い!

韓国へ行くと必ず食べたくなります!辛いけどやっぱり食べたくなる美味しさで!2人だと少し多めかもしれませんが、3~4人集まれば是非お勧めしたいです!鶏肉もたっぷり入っていますし、野菜や春雨もたくさん入っているので、辛さを調節してもらえれば甘辛い感じになり、辛い物が苦手な方でも食べられると思います!

また、スモールサイズでもお皿に山盛り!唐辛子の辛さが身体を芯から温めてくれて、あまりに辛いのでご飯と一緒に食べるのがオススメです。

確かに、肉じゃが風でやみつきになる辛さが癖になる味ですね。

チムタクの口コミは

まとめ

自宅でも作れるし、料理屋さんでも食べれるチムタクについて今回はレビューしてみましたが、結果チムタクは甘辛くてご飯がすすみ、ビールにも合うということがわかりましたね。

皆さんも一度自宅で作ってみてはいかがでしょうか。パーティーやお祝いのときに作れば、かなり好評ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です